今日の大判小判

小春と小夏っちゃんは、今日も元気です!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
|  Home  |  About  |  Comment  |  Categories  |  Blog People  |
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
 
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

LINEマンガにハマる・・・

妹の小夏っちゃんは本当に趣味が私似で、読書もマンガもゲームも大好きなんです。

で、この頃は小夏っちゃんから「このゲームがおもしろいよー」とか、「このマンガが流行ってる」などと教えてもらうんですが。 この間は「LINEマンガのアプリで、マンガが無料で少し読めたりするよー」と教えてもらったので、暇な時読んでます。

単行本をまるまる1巻読めたり、1週間ごとに1話ずつ無料公開されたりするので、いろんなジャンルを手軽に読むことができてお得ー。気に行ったマンガがあれば、ネットで購入したり、買うのはちょっと・・・でも続き読みたいってときは、近所のTSUTAYAのレンタルコミックで借りて読んでます。 最近借りたのは

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DAYS(20) [ 安田 剛士 ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)

「DAYS」です。小夏っちゃんのおすすめで「最初はえっ、と思ってとっつきにくいかもしれないけど、絶対感動するからー」という言葉を信じて読み進めたら・・・もう涙で前が見えない!(笑)サッカーのお話なんですけど主人公のつくしくんのひたむきさに感動しました。つくしくんの周りのメンバーもかっこいいし、対戦校のスターもすごいし、まだまだ連載中です。19巻までレンタルコミックしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うそカノ 8 [ 林みかせ ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)

「うそカノ」は好きな人のうその彼女に立候補するんだけど、そのうち本当の恋人に・・・?というもの。絵がとってもきれいで、彼氏彼女も見ていて癒されます。これは8巻全部大人買い。早く9巻出ないかなー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

素敵な彼氏 2 [ 河原 和音 ]
価格:432円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)

「素敵な彼氏」は最初LINEマンガで読んだ時「この主人公の男の子、かっこいい、のかな?」とあんまりピンと来なかったんですけど、読み進めていくうちに、すごくかっこよく見えてくるから不思議♪主人公の女の子の恋に恋する感じが可愛くて、2巻まで買って、あとはネットでネタバレしている方のブログを読んで脳内補完しています。ほんわかしちゃう。

で、今レンタルコミックしているのが

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アオハライド(13) [ 咲坂伊緒 ]
価格:432円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)

咲坂伊緒さんの「アオハライド」です。TSUTAYAでふと目について借りてみたんですけど、13巻完結でおもしろかったなー。やっぱりくっつくかどうかのタイミングって大切なんですね。ハラハラします。つか、本田翼ちゃんと東出昌大さんで映画化もされてたんですねー。なんか聞いたことのある題名だと思ったー。

しかも福士蒼汰さんと有村架純ちゃんのダブル主演「ストロボ・エッジ」も咲坂先生なんですね。(こちらは全10巻みたい、また借りてこよー)で、なおかつ近所のTSUTAYAレンタルコミックランキング1位だった「思い、思われ、ふり、ふられ」もこの方。へぇー、すごいヒットメーカーなんだなぁってびっくり。また借りてこようー。(借りるの多い・・・)

というわけで、世の中にはいろんなマンガがあるんだなーって勉強になりました。 スマホのLINEマンガのコメント欄で他の人がどんな感想か読むのも楽しいし、実際に紙ベースのマンガを借りてきてじっくり読むのも楽しいし。まだまだハマリ中です♪

| [家族]小夏っちゃん | 15:54 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP |
ようやく辞められた…

小夏っちゃん、習い事をたくさんしているんですが、ようやく1つ辞められました。

辞められたっていうのも変な言い方なんですが、辞めるきっかけもなくって。
ピアノなんだけど、先生がとても厳しくて。

やっぱり先生としてはグランドピアノまでは行かなくても、きちんとしたピアノ(アップライトピアノ)を購入して日々練習してもらいたいみたいなんです。でも、うちはそこまでピアノに情熱があるわけじゃないから、電子ピアノ。でもそれでも10万はしたんだよ〜(泣)

いくら練習をしていっても、教室のピアノはグランドピアノだから、タッチの違いが出て、先生もそれが分かるからどんどん厳しくなるし。私もレッスンについてきてください!って言われて毎週怒られて。

この間も「他のお子さんは気合が違う」とか「レンタルピアノをするとか、もっと真摯に向き合ってほしい」とか言われたんだけど、レンタルピアノやってるんですよ〜(30分単位でグランドピアノを借りて、お金を払う)それでもその成果が出ないっていうのは小夏に問題があるのかもしれないけど、親子で「うまくできたね」「これなら先生もほめてくれるかな」って期待して、怒られて、の繰り返しで、モチベーションもあがらなくて。

ようやく先生に辞めることを伝えたら、今度は「辞めるからって練習もしないで」と決め付けられて。やってるんです!なんかね…小夏に申し訳なくて。結局、家で練習してる電子ピアノでは、グランドピアノの鍵盤の重さとかタッチは出せないわけで。

この辺が限界かなぁ、と思って辞めました。

なんか、気が楽になったな〜ピアノは趣味として続けていけたらいいなぁ。

| [家族]小夏っちゃん | 17:22 | comments(4) | - | ↑PAGE TOP |
お姉ちゃんに負けたくない!!

学校のイベントで学年ごとに1人、発表者を選ぶことになりまして…
当然ながら、小春も小夏っちゃんも立候補。激戦だったらしいけど、小春の学年が先に選考があって、小春が選ばれたらしい。

で。小夏っちゃんは、めちゃくちゃ言うことを考えて練習して、オーディションに望んだんだけど…
あえなく選ばれませんでした。最終の2人までは残ったらしいんだけど。あと少しの差だったのかな。

私はワクワクして家で結果を待ってたんだけど、小夏っちゃんが家に入るなり「うわ〜〜〜〜〜」って号泣。「私、がんばったのにー。いつもいつもいっっつも、お姉ちゃんばっかり代表に選ばれてさ、私も今度こそは、と思って練習したのに。なんで?どうしてお姉ちゃんは選ばれるのに、私は選ばれないの?」

って小一時間泣いていました。

それはもう時の運だからね。受かる人もいれば落ちる人もいる。これからの人生、そういう試験がいくつもあるから。でも小夏っちゃんが努力したことは無駄じゃないんだよ。見えないけど、力になってる。

お姉ちゃんだって、がんばったから選ばれたけど、落ちたことも何度もあるよ。お姉ちゃんもこうやって泣いてることもあるよ。

って言ったら、少しは落ち着いていました。
小夏っちゃんなりに、お姉ちゃんにライバル意識をもっていたのかな。年も近いし…。

先週だったかな、月9のビブリア古書堂の事件手帖を見ていたら、姉妹の話が出てきて。妹がお姉ちゃんに勉強だけは負けたくないって、読書感想文を盗作してしまう話だったんだけど、それを見ながら小夏が大きくうなずいてた。「ほんとそうだよね。」って(笑)

なんだかそれを見て笑ってしまったけど、本人にしては大きな問題なのかもしれないなぁっておもいました。私はお姉ちゃんの立場だから、下の子の気持ちはわかんないけど、お姉ちゃんを頼りにしてる半面、なんでも上手にできるお姉ちゃんに負けたくないのかも。

| [家族]小夏っちゃん | 09:36 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP |
小夏っちゃん、一気にチャレンジを片付ける!!

昨日、部屋を片付けていたら、小夏っちゃんのチャレンジが9月号からやっていないことが発覚!!!
プラス、冬休みのオプションドリルもやっていない!
こーなーつーーーー!!しーばーくーーーー!(苦笑)

ってなわけで、昨日は午後はたっぷりずーっとチャレンジをやっていました。
ゲームはお預けで、チャレンジが終わったらやってもいいよ、という条件をつけたら、「今日、全部やる!」とか言ってんの。そんな泣きながらしなくても、明日もあるからゆっくりやったら?と言っても「いや!全部やるの〜」と勉強してました。

結局お昼から晩ご飯前までぶっ通しでやって、赤ペン先生、実力テスト、オプションドリル(1日1ページ×30日間の国算)をやりとげました!やればできるじゃん〜

ポストに投函して、ようやく終了です。でも、私も横で家計簿つけたりして、一緒に勉強できたからよかったなーって思いました。まだまだきちんと見てあげないと、自分では計画的にはできないのかなー。
チャレンジ自体はイイ!と思っているので、勉強の習慣がつけばいいな〜

| [家族]小夏っちゃん | 17:56 | comments(3) | - | ↑PAGE TOP |
もう一人前だよ!

昨日、小春が学校でこけて、ひざをすりむいて帰ってきました。

結構大きな範囲ですりむけていて、膿も出ている状態。保健室でガーゼをつけてくれたけど、それじゃあダメな感じです。運悪く私も体調がすぐれず、小春もひざが痛くてあまり自由に歩けない、それじゃあ…と元気な小夏っちゃんに買い物を頼むことにしました。

「小夏っちゃん、ごめんやけどお姉ちゃんのばんそうこう買ってきてくれへん?」
「あ、うん、いいよ〜」 ←軽い感じ
「普通のばんそうこうじゃないねん、キズパワーパッドっていうので、大きいサイズ12枚入りと、普通のサイズ10枚入り。3000円渡しとくから。分からなかったら、このメモをお店の人に見せて」

ということで、薬局のポイントカードも一緒に渡しておつかいに行ってもらいました。
今までお姉ちゃんと一緒に買い物に行ったり、小春だけで買い物に行ったことはありますが、小夏っちゃん一人だけはないんです。なんとなく怖がりというか、妹気質といいますか、誰かがやってくれる〜ついていったらいいわ〜っていうのがあって。

で、ほどなくして、小夏っちゃんがニコニコ満面笑顔で帰ってきました。なんでも、お店の人にメモを見せることもなく、自分で場所を探して買ってきたようです。ワ〜よかったよー。これでお姉ちゃんも安心だし、ありがとうね、とお礼を言うと

「もう一人前だよ!これくらい普通やん!」

と頼もしいお言葉が(笑)大きくなったんだね〜なんだか嬉しい出来事でした!

| [家族]小夏っちゃん | 13:36 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP |
いじらしい小夏っちゃん

夏も近づいてきたので、小春お姉ちゃんと小夏っちゃんは髪の毛をバッサリ切りました♪

で、その翌日、クラスメートに「可愛い♪」だの「前の方がよかった」だのいろいろと言ってもらえたらしいんだけど、小夏っちゃんだけ帰ってくるのが妙に遅かったんですね。だから心配してたんだけど、ようやく帰宅。

「どうしたん!?えらい遅かったやん〜」
「あ〜、実は…」

なんでも、好きな男の子がいるクラスの終わりの会が遅くって、ずっと終わるの待ってたんだって。

「30分くらい廊下で待っててん。髪の毛、見せたかったし…。」
「えっ、結構仲いいの?」
「うーん、まぁ顔見知りかな。でも、チラッとでも見てくれて、『あいつ髪の毛切ったんだ』って思ってくれたら嬉しい!」

とのことでした。なんと、乙女な小夏!ちょっと片思いっぽいけど、それでも見てもらいたい!そして何か言ってほしいって気持ち、ママも分かるわ〜でも男の子(旦那)は何にも言わないんだよね、一言目には「それ、なんぼやった?」とか言うんだよ、分かる〜(笑)

----------
それに対して、小春お姉ちゃんはクラスの女の子に「なんか、イモトに似てる。プッ」って言われたらしい。イモトって、あのイッテQのイモトアヤコですよ!「イモトには悪いけど、やっぱり、げじまゆってイメージあるし、いややった〜」ってワーンって号泣。あぁ〜まだ小5だと似合ってなくても「可愛い!イメチェンだね!」と社交辞令は言えない、かー。だからって、な〜イモトさんは悪くないんだけど、微妙な気持ちになったんだね。そっかー。

ま、女の子が髪の毛切った時は雰囲気変わったね、くらいの言葉でにごしてあげてくださいな〜

| [家族]小夏っちゃん | 11:46 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP |
先生なのにずるい!!

この間、授業参観があったんですな。で、ちょろっと見に行って、がんばってるなぁとのほほんと帰ってきたら。小夏っちゃんが帰宅するそうそう、何やら叫んでます。

「あのね、先生ずるいんだよ!!」とたいそうお怒りの様子。小夏っちゃんの担任の先生はどういう感じかというと、そうだなぁ〜昭和の香りのする、がんこな、学年主任いや生活指導のような、昔なら竹刀を片手に持ってそうな、いつもジャージって感じの、そんな方です。←どんな親父…

よくよく聞いてみたら

・いつもはすごく厳しくて冗談も全然言わないのに、今日はママ達がいるからっておちゃらけて、笑いをとろうとしている!
・字もていねいに書いてる!!
・全然怒らない
・いつもはプリントを集めさせて、自分の机で○つけするのに、なぜかスタンプ持って一人一人の机に先生が来て、わざわざ一言声かけしながらスタンプ押してた!

ということで、総合すると、「いつもより優しい。ずるくない?」ということでした。あ〜…

まぁ、先生も人間なんで、お母さん達が参観に来てたらやっぱり(よく思われたい)って思うんじゃないかなぁと言っておいたけど。小夏っちゃんだって、ママが見に行ったら、ハイって大きな声で返事したり、姿勢よくしたり、はりきって手をあげるでしょ?それとおんなじだよって言ったらそうだけど!大人なのに!って怒ってました。なんだよそれ(笑)

----------
でもなんやかんやいいつつ、そんな先生が大好きなようです。苦手だって言ってたかけ算の百マス計算も、少し時間が短縮できたときがあったそうなんですが、そういう時にタイミングよく「大判、よくがんばってるやないかー」とほめられたらしい。それがよっぽど嬉しかったらしくって、冬休み中かけ算の九九ばかり唱えていて、今ではクラスの中でも早い方になり、「私、かけ算得意!算数大好き♪」って言ってます。アンタ、1ヶ月前は「算数苦手…」とか弱音はいてたくせに〜

ほんと、学校の先生って、毎日過ごしてることもあって、影響力大なんですねー。
あと2ヶ月、よくよく指導してもらっといで〜

| [家族]小夏っちゃん | 15:57 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP |
かけ算苦手!→いや、それは思い込みだ!

小学2年生になる小夏っちゃん。ただいま算数でかけ算を一通り習い終えて、復習のテストを毎日しているところです。百マス計算のかけ算バージョンでテストをするみたいなんですが、どうもいまいち時間も早くできないし、答えを間違えているようです。

苦手なのは、8×7=56や9×6=54など7から9の段にかけて。
だんだんと自信もなくなってきてしまいには

「私、算数苦手〜かけ算できないし…」とか言う始末。なので

「いーや!違う。『かけ算が苦手』なんじゃないの、『かけ算にまだ慣れてない』だけなんだよ?繰り返し計算すれば頭が覚えて勝手に答えがでるようになるよ!」

と暗示を解くように、何度も言うようにしていました。だって、今から算数が苦手だー!なんて言ってたら、これからどうするんだ〜って思って。くり上がり、くり下がりのたし算引き算だって、9+6って見たらパッと15って答えられるようになったでしょ?それと同じなんだよ!と。

で、毎日苦手な九九を8×1が8、8×2、16…って9まで言って、次に8×9、72、8×8、64…と下がって言うように一緒に練習しました。それから、「なんか語呂合わせで覚えたらいいんじゃないの?」と小春お姉ちゃんが言い出して、そこからみんなで語呂合わせを考えることに。

「確か、ママが子どもの頃、8×8=64で『葉っぱに虫』って覚えてたような…」
「あっ、8×7=56は、『鼻がゴム』ってことで、ルフィって覚えれば?」

とかなんだかんだ考えて覚えています。

でもね、こんなこと言うのもなんなんだけど、自分がもう大人だからか「なーんでかけ算間違うのかなぁ。答えは○○に決まってんじゃん」などと思ってしまう私。でもよく考えたらかけ算を習ってからなんかしらかけ算を計算してきたんだもんね。受験や買い物なんかで。子どもの習いたての今と比較したらだめだよね(苦笑)

------------
そうかと思えば、小学4年の小春お姉ちゃんは日本地図をにらめっこして県庁所在地を覚えています。こちらも語呂合わせっていうか、こじつけで、

「いい?滋賀の大津と三重の津の違いは、滋賀には琵琶湖がある→大きい→大津、三重は三の数字→小さい→何もない津」

みたいなことを考えて覚えてます。

ほんと自分さえ分かればいい覚え方ってあるじゃないですか〜?ちなみに私の場合は、世界史を選択していたんですが、メソポタミア文明の川の名前、チグリス川とユーフラテス川の名前を覚える時に
「グチを言うリスが逆さま、Youフラフラでテスト受ける川、フラフラの人の方がリスより下(←川の位置)」などと言う訳の分からない覚え方をしていました(笑)
ま、そんなもんですよねー

| [家族]小夏っちゃん | 11:48 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP |
学校生活、充実してるよ!

昨日、小夏っちゃんが突然

「ねえねえ、私の学校生活ってすごく楽しいんだよ〜
3つ大満足しているポイントがあります。さて、それはなんでしょう?」

と聞いてきたので、「うーん…勉強、友達、…あ、給食でしょ!」と答えたら
「ブブー!!勉強、友情、そして恋愛!」
とかなんとか言ってました。しょ、小学2年生のくせに…(苦笑)

詳しく聞いてみると、恋愛とは好きな人と楽しくお話したり、遊んだり、公園で偶然会ったり、帰り道一緒に帰ったりしてるみたいです。ほほぅ、なっちゃんはわりと男子とは気兼ねなくしゃべったりできる方なのね。

小春お姉ちゃんはというと、その話を聞いて「ふーん、まぁ、いんじゃない?」とクールでしたが(笑)ま、楽しく過ごせてるなら、よかったね〜

| [家族]小夏っちゃん | 16:33 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP |
勉強の習慣がつかない…

小学2年生の小夏っちゃん。
お姉ちゃんとともに進研ゼミをやってるのですが、どーもね〜勉強の習慣がつきません。
あと部屋の片付けができません。

毎日何かしら習い事があり、忙しいのは分かるのですが、少し目を離したら本を読んでいて、なかなかチャレンジが進まないんです。毎日朝ごはんを食べてからやろうね、って約束してたんだけど、やらない。私もとやかく言わない(つーか忘れてる)ので、お姉ちゃんが「今月号の赤ペン出したよ〜」っていう時になって、小夏と2人して「あっ、なっちゃん、チャレンジは?」「…やってなかった」みたいな…

この子は1年生の時に忘れ物が多くて、それも困った問題だったのですが、小2になってからは私が毎日時間割をチェックして忘れ物がないか確認しています。(そろそろ自分で確認してほしいけど)どうも末っ子だからか?お姉ちゃんやママが最後にはなんとかしてくれると思っているのかなー。もうすぐ誕生日が来て8歳になるので、なんとか習慣づけてほしいんだけどね〜

などとグチっていたら、小春お姉ちゃんが「じゃあ、私が勉強するときに声かけしようか?」と言ってくれました。おおっ、お姉ちゃん!!

小春は習い事が終わって帰って、夜ごはんができるまで勉強しているようで、昨日はさっそく2人で机を並べて勉強をしていました。

っていうか、私も悪いんだけどねー。どうも答え合わせするのが面倒で。きちんと確認をしない→小夏っちゃんも気が抜けてしないんだと思うんですが、どうも。私も意識改革をしないといけないですね。

部屋の片付けの方は、洗濯物をたたんで引き出しに入れられない。それをするくらいなら、本を読みたい、てなもんらしいです。これも私に似たのかなぁ。掃除、片付け苦手なんで…でも小春はきっちりやってるから、そうでもないのかな。うーん。

低学年に習慣づけをしてあげないとこれからつらいと思うので、ここに書くことで自分自身にも親としてのプレッシャーをかけて、小夏っちゃんに声かけしていこうと思います。

| [家族]小夏っちゃん | 15:53 | comments(3) | - | ↑PAGE TOP |
 1/11PAGES >>